小説・エロスの告白 |川奈 まり子・ワンダーテイストな話題をご紹介いたします。 国内・海外・経済・エンターティメントなど、 いろいろな話題のブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・エロスの告白 |川奈 まり子


小説・エロスの告白小説・エロスの告白
川奈 まり子
双葉社 刊
発売日 2003-05



写真集&ビデオの副読本だけでは収まらない小説 2003-12-09
御存知、熟女というジャンルを世に知らしめたお姉さま。肢体を晒さなくても表情だけでノックアウトさせられてしまう稀有の存在です。
タイトル通り体験告白的な小説に写真が多く挿入されていて、言葉とビジュアルによる往復ビンタのお得感があります。
写真は例によって申し分のないイヤらしさ、おっと美しさです。
さて文章の方ですが、AVデビュー前はフリーライターをしていただけあって、人気にあやかったタレント本とは一線を画すものとなっています。
官能小説家の多くにみられる前頭葉を汗ばませるような言い回しは、しない。
とてつもなく卑猥なシチュエーションなのにシンプルな言葉で、さらりと紡いでしまうところに、嘘のない息づかいを感じる。
これは才能だと思う。
あらゆるイヤらしさを身体で経験してきた貫禄か。
また本文に掲載されている『性の年表史』が川奈まり子に歴史あり!と感じさせてくれます。
自然体でいながら、これほどイヤらしいAV嬢はいなかった。
下半身=右脳に続いて、今度は言葉で左脳を攻めてくれる一冊になってます。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。