飯島愛の真実・ワンダーテイストな話題をご紹介いたします。 国内・海外・経済・エンターティメントなど、 いろいろな話題のブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯島愛の真実


飯島愛の真実飯島愛の真実
著者:板坂剛出版社:鹿砦社サイズ:単行本ページ数:150p発行年月:2001年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)空前のベストセラー『プラトニック・セックス』の秘密に迫る!衝撃的カラー写真150余点一挙公開。【著者情報】(「BOOK」データベースより)板坂剛(イタサカゴウ)フラメンコの舞踊家として活躍するかたわら、小説や評論の分野でも多くの著書を残している。鹿砦社から出版された『アントニオ猪木・最後の真実』(復刻新版発売中)『アントニオ猪木・闘魂滅び詩』(品切れ)『神とプロレスとフラメンコ』(残りわずか)の3部作は、アントニオ猪木という人物を通して日本の裏文化の一面を鮮やかに照射した。また夏目書房から出版された『極説三島由紀夫?切腹とフラメンコ』『真説三島由紀夫?謎の原郷』では、タブー視されていた三島の出生の秘密や同性愛問題、川端文学の代筆疑惑について、それまでの三島研究の限界を越える大胆な筆致で論じ、大きな波紋を呼んだ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> その他
さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
Copyright © ワンダーテイスト All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。